水戸市

茨城県立こども福祉医療センター

茨城県立こども福祉医療センターに設置されている病床数は160床で、看護師と患者とのコミュニケーションを重んじている医療施設です。日本医療機能評価機構からの医療評価を受けています。日々、看護の質を高め、医療スタッフが皆、良質な医療を目指しています。

茨城県立こども病院

茨城内の茨城県立こども病院の医療スタッフは、228名従事しています。診療は、循環器内科/腎臓内科/神経内科/糖尿病内科(代謝内科)/血液内科/アレルギー科/感染症内科/小児科/循環器外科(心臓・血管外科)/泌尿器科/脳神経外科/整形外科/形成外科/小児外科/放射線科/麻酔科の科目ごとに、患者の為の医療を実践しています。看護体系は患者メインの7:1を取り入れており、働く看護師が無理なく働ける体制を構築しています。

大橋病院

大橋病院に完備されている病床数は43床となります。看護師と患者との間の思いやった会話を大切にする病院です。子育てをするナースが重要とする保育施設についてですが、保育施設はあります。産休育休後の研修など、この他の支援に関しても調べてみましょう。10:1を導入しています。看護師長を含め新人看護師はチームワークを大切にした看護を行ってます。

水戸協同病院

水戸協同病院に病床は401床設けられており、入院している患者さんやその家族の不安も思いやった看護を心がけています。超音波骨折治療法を行っており、看護師は高度の医療技術に関する学習にもつながるでしょう。看護師は138人勤務しています。看護業務が滞りなく保たれるよう、看護師は助け合っています。

茨城県立 こども病院

茨城県立 こども病院内では267人院内スタッフが活躍しており、周辺医療施設と連携を取り、より良質な診療を提供しています。外来の診療を受ける患者は133.9名、入院する患者は99.1名で、包括性を大切にしています。

水戸済生会総合病院

水戸済生会総合病院は、茨城県水戸市双葉台3-3-10に設けられています。513床のベッドをがあり、治療を受ける側と看護師との間が近い看護を提供しています。看護部は、患者を1番に置いたチームナーシングの看護方式を採用しており、患者の家族への心の通った会話を重視した看護を心がけています。1日の入院患者は389.2名に及びます。入院を必要とする患者に対し、看護師の持ち味をつぶさない看護を届けています。

水戸赤十字病院

水戸赤十字病院の診療科目は、内科/神経内科/小児科/外科/整形外科/形成外科/脳外科/皮膚科/泌尿器科/産婦人科/眼科/耳鼻科/リハビリ科/麻酔科/放射線科があります。病床は450床で、心の通った看護活動を実施しています。0を行っています。医師、看護師など職員の連携で、最先端技術をフル活用した手術があります。