麻酔科

茨城東病院

茨城東病院は、茨城県那珂郡東海村照沼825にあり、428床の病床を備えています。治療を受ける側と看護師との距離の近い医療を心がけています。日本医療機能評価機構からの医療的な評価を受けていません。看護の質の高い医療を進めています。

霞ヶ浦医療センター

霞ヶ浦医療センターの診療科目は、内科/消化器内科/循環器内科/呼吸器内科/外科/整形外科/産婦人科/小児科/皮膚科・形成外科/眼科/泌尿器科/耳鼻咽喉科/麻酔科/歯科口腔外科です。病床は250床で、温かい治療を進めています。看護部では、看護師138名おり、画一的な3交替の下、温かみのある看護を進めています。

水戸医療センター

水戸医療センターは、茨城県東茨城郡茨城町桜の郷280に設けられています。看護部では、384人の看護師が活躍しており、ブランクを気にしていた看護師や新人看護師も一生懸命に看護をしています。

筑西市民病院

茨城に設けられている筑西市民病院の職員数は、71名です。診療は、内科/小児科/外科/泌尿器科/脳神経外科/整形外科/形成外科/眼科/耳鼻いんこう科/産婦人科/リハビリテーション科/麻酔科の科目ごとに、患者にとって不可欠な治療を実行しています。救急指定病院の指定/労災指定病院の指定/身体障害者福祉法に基づく指定/原子爆弾被爆者の一般疾病医療機関の指定/地方公務員災害補償基金業務規定指定/子宮がん一次検診及び精密検査実施医療機関指定/がん診療二次医療機関指定/アフターケアーの実施医療機関の指定/保険医療機関の指定/自治医科大学附属病院地域連携協力施設と認定の指定をされています。地域の医療施設との連携を重要視しています。看護部は、通院、入院を希望する方へ満ち足りた医療が実施できるよう、10:1の看護体系を採用しています。

北茨城市立総合病院

北茨城市立総合病院は、茨城県北茨城市大津町北町4丁目5-15に位置します。へき地医療拠点病院/救急告示病院/協力型臨床研修指定病院/二次救急輪番制当番病院/地域リハ・ステーション/DPC算定対象病院などの厚生労働省からの指定を受け、周りの医療・福祉施設とのチームワークを重んじています。看護部は、認定看護師は3名在籍しており、看護に対する学習意識が高い看護師が多数勤務します。

茨城県立こども病院

茨城内の茨城県立こども病院の医療スタッフは、228名従事しています。診療は、循環器内科/腎臓内科/神経内科/糖尿病内科(代謝内科)/血液内科/アレルギー科/感染症内科/小児科/循環器外科(心臓・血管外科)/泌尿器科/脳神経外科/整形外科/形成外科/小児外科/放射線科/麻酔科の科目ごとに、患者の為の医療を実践しています。看護体系は患者メインの7:1を取り入れており、働く看護師が無理なく働ける体制を構築しています。

鹿島労災病院

鹿島労災病院の住所は、茨城県神栖市土合本町1-9108-2です。周辺住民より必要とされる医療を目指します。外来患者数は714.8人あり、病院を必要とする患者が満足の行く医療にあたっています。

牛久愛和総合病院

牛久愛和総合病院のアドレスは、茨城県牛久市猪子町896です。近隣住民から求められる医療に勤しんでいます。看護体系は主流の7:1を採用しています。籍を置く看護師が無理なく働ける勤務体系への配慮があります。

土浦協同病院

土浦協同病院には、917床あり、治療を受ける患者のメンタルサポートも欠かしません。病床が917床あります。治療を要する患者のメンタル面のサポートも欠かしません。看護部では、治療を求める方への相応な看護に努められるよう、7:1の看護体系を採用しています。外来患者は2100名あり、外来においてフットワークを重視した看護を目指します

白十字総合病院

白十字総合病院は、茨城県神栖市賀2148に開院しており、診療科目は、内科/外科/整形外科/脳神経外科/泌尿器科/産婦人科/小児科/耳鼻咽喉科/眼科/皮膚科/循環器科/呼吸器科/消化器科/こう門科/気管食道科/リウマチ科/リハビリテーション科/放射線科/麻酔科/歯科/小児歯科です。医療を求める患者に適切な看護を実行しています。オーバーワークしない10:1を活用しており、看護師長から新人ナースもチームワークを重んじた看護を行ってます。

筑波記念病院

筑波記念病院の病床は474床設けられています。治療希望の患者が満足な診療に当れるよう、ベストを尽くしています。看護部は、多くの病院が導入しているチームナーシング・担当看護師制に再編中を使い、看護体系7:1で看護師は就労しています。効率を考えた質を上げた医療を提供しています。

茨城県立中央病院

茨城県立中央病院は、茨城県笠間市鯉渕6528に設けられています。500床の病床をがあり、患者とナースとの距離の近い看護を進めています。専門看護師は1名在籍し、専門性の高い看護を勉強できます。

浦川会 勝田病院

浦川会 勝田病院の住所は、茨城県ひたちなか市津田1895です。地域の人たちより必要とされる医療に勤しんでいます。看護師に無理のない15:1を採用しており、看護師長も新人ナースまで助け合って看護を届けています。

筑波病院

筑波病院の病床は199床設けられています。治療を必要とする患者が満足のいく看護を受けられるよう、最善を尽くしています。看護師はライフスタイルに合わせて働ける2交替で勤めています。子育てと仕事の両立を考慮して、看護師同士の支えあいも大切にしています。

大橋病院

大橋病院に完備されている病床数は43床となります。看護師と患者との間の思いやった会話を大切にする病院です。子育てをするナースが重要とする保育施設についてですが、保育施設はあります。産休育休後の研修など、この他の支援に関しても調べてみましょう。10:1を導入しています。看護師長を含め新人看護師はチームワークを大切にした看護を行ってます。

水戸協同病院

水戸協同病院に病床は401床設けられており、入院している患者さんやその家族の不安も思いやった看護を心がけています。超音波骨折治療法を行っており、看護師は高度の医療技術に関する学習にもつながるでしょう。看護師は138人勤務しています。看護業務が滞りなく保たれるよう、看護師は助け合っています。

総合守谷第一病院

総合守谷第一病院の医師、看護師など職員は286名勤務しています。使命感を持った看護を届けています。0を行っています。医療従事者の連携で、最先端医療を利用した治療を行っています。

龍ケ崎済生会病院

龍ケ崎済生会病院には内科/消化器内科/循環器内科/呼吸器内科/内分泌・代謝内科/神経内科/小児科/リウマチ科/外科/消化器外科/整形外科/脳神経外科/産婦人科/泌尿器科/眼科/耳鼻咽喉科/心臓血管外科/皮膚科/形成外科/麻酔科/放射線科/リハビリテーション科があります。看護師は働きやすい変則2交替で看護に当っています。子育てと仕事の両立を考慮して、看護師同士の支えあいも重んじています。

茨城県立 こども病院

茨城県立 こども病院内では267人院内スタッフが活躍しており、周辺医療施設と連携を取り、より良質な診療を提供しています。外来の診療を受ける患者は133.9名、入院する患者は99.1名で、包括性を大切にしています。

水戸済生会総合病院

水戸済生会総合病院は、茨城県水戸市双葉台3-3-10に設けられています。513床のベッドをがあり、治療を受ける側と看護師との間が近い看護を提供しています。看護部は、患者を1番に置いたチームナーシングの看護方式を採用しており、患者の家族への心の通った会話を重視した看護を心がけています。1日の入院患者は389.2名に及びます。入院を必要とする患者に対し、看護師の持ち味をつぶさない看護を届けています。

水戸赤十字病院

水戸赤十字病院の診療科目は、内科/神経内科/小児科/外科/整形外科/形成外科/脳外科/皮膚科/泌尿器科/産婦人科/眼科/耳鼻科/リハビリ科/麻酔科/放射線科があります。病床は450床で、心の通った看護活動を実施しています。0を行っています。医師、看護師など職員の連携で、最先端技術をフル活用した手術があります。

古河赤十字病院

古河赤十字病院の医師、看護師などの医療職員は324人勤務しており、ナース以外のスタッフと支え合うことも重視しています。1日の入院患者は134名あり、入院している方のQOLの向上を思いやった看護を進めています。

ひたちなか総合病院

ひたちなか総合病院には内科/神経内科/腎臓内科/血液内科/呼吸器科/消化器科/循環器科/歯科/小児科/外科/整形外科/形成外科/脳神経外科/呼吸器外科/消化器外科/精神科/歯科口腔外科/リハビリテーション科/放射線科/麻酔科/耳鼻咽喉科/皮膚科/泌尿器科/眼科/婦人科/リウマチ科が完備されています。地域を大切に思いやる医療に勤しんでいます。看護部では働く看護師に合わせた2交替を使っており、看護師が求める環境作りを進めています。救急医療二次病院/休日夜間診療所二次医療機関/管理型臨床研修指定病院/筑波大学附属病院協力型臨床研修病院/東京医科歯科大学医学部附属病院協力型臨床研修病院/日本内科学会認定教育病院/日本循環器学会認定循環器専門医研修施設/日本外科学会専門医修練施設、指定施設/日本大腸肛門病学会認定施設/日本胸部外科学会認定医関連施設/日本呼吸器外科学会専門医制度関連施設/日本呼吸器内視鏡学会認定医制度関連施設/日本消化器外科学会認定医制度関連施設(認定施設に昇格予定)/日本消化器内視鏡学会専門医制度指導施設/日の指定を受け、指定された病院として機能を担っています。

日立総合病院

日立総合病院には内科/神経内科/外科/脳神経外科/眼科/放射線診療科/歯科/心臓血管外科/小児科/整形外科/皮膚科/産婦人科/麻酔科/循環器科/新生児科/形成外科/泌尿器科/耳鼻咽喉科/リハビリテーション科があります。地域密着型の医療に励んでいます。看護方式は多くの病院が用いる固定チーム継続受持ち制を用いています。ナースは働きやすく、治療を有する患者には質の高い医療を提供できるような体制を考えています。

筑波大学附属病院

筑波大学附属病院の病床は800床設けられています。治療希望の患者が十分な看護を提供されるよう、ベストを尽くしています。1日の外来患者数は1412名おり、外来のナースはフットワークの軽い看護活動を志しています。